野田琺瑯について


野田琺瑯とは

私共は、創業以来 琺瑯(ホウロウ)一筋に製造しております。

-鋼板(鉄)を溶接して土台となるかたちをつくり、ひとつひとつ手仕事でガラス質の釉薬を施釉し、高温で焼成-

国内で唯一、琺瑯づくりの全ての工程を自社で一貫生産している琺瑯メーカーです。

製品は、栃木県栃木市で製造しており、全てが日本製となります。

 

野田琺瑯の歩み

1934年 野田悦司 が創業。
主に、輸出用のボールや皿、コップ等の製造をしていたが1942年の企業整備法により工場を閉鎖。戦災により工場が全焼したが、1947年に再発足し、バット・タンク・バケツ等の生産を開始。

(弊社に1冊のみ残る1960年代のカタログより)

1970~1980年代 創業当時からつくり続けるタンクと共に、理化学品や業務用として使われるバット等が主な製造品だった。

(1970年代のカタログより(※現在は廃盤))

1976年 NHKきょうの料理等に出演していた料理家:酒井佐和子氏と共同開発し【漬けものファミリー(現在は廃盤)】を発売。当時の主力商品となる。  

                 (当時のポスター)

1990年~2000年代初期 カントリー雑貨ブームに伴い、文字や柄入りの製品を多く製造。

       (当時の製品(※現在は廃盤))

2001年 【ぬか漬け美人】発売。

2003年 【WhiteSeries】発売

それまで、琺瑯=カラフルな色や柄というのが主流の時代で、家庭用品の白い琺瑯は売れないというのが業界の常識だったが、”食材や料理の色が映える白色でシンプルな冷蔵庫に収まる蓋付きの容器”にこだわり、少量生産からスタート。

2007年 【一生つきあいたい万能キッチン道具「野田琺瑯」の本。】㈱マーブルトロン発行:野田善子著 発売

2013年 【WhiteSeries】の発売当初からある11種が、選考基準とし(発売以来10年以上継続的に提供され、かつユーザーや生活者の支持を得ていると思われる商品・サービスのデザイン)を条件に推薦される『グッドデザイン・ロングライフデザイン賞』を受賞。

      

 

2014年 【野田琺瑯のレシピ】㈱文藝春秋発行:野田善子著 発売

      

      (野田琺瑯のレシピ より)

現在  琺瑯製造の全行程を一貫生産する国内唯一の琺瑯メーカーとなる。